「プルベシ湖のホリデーイン」での、フィンランドの湖畔のヴィラでの安らぎ

10.9.2020

湖畔の自然、薪ストーブで温めるサウナ、そして美味しい食事。シンプルだけれども、必要なものはそれだけ。つまりは、お料理と同じで、素材のレベルが高かったら、やらなくちゃいけないことは少ないってことですね。

ここ Puruveden Lomahuvilat(プルべデン ロマフュヴィラット/「プルベシのホリデーイン」という意味)のヴィラをレンタルして、私たちSaimaaLifeトリオが揃って、一緒に自然の中でのウェルビーイングな時間を持つこと、それはずっと私たちが願ってきたことでした。

プルベシ湖畔にある、サイマー湖水地方プンカハリュの美しさ

この日、ケーキの上のブルーベリーのように特別に感じたもの。ひとつは、薪で温める露天バスタブ。もう一つは、この2つの湖畔のヴィラが、SaimaaLifeの源で、私とマリアンネが子ども時代を過ごした Punkaharju(プンカハリュ)のHiukkajoki(ヒウッカヨキ)にあったことです。

このPuruveden Lomahuvilatが所有する2つのヴィラ、Kalliohovi(カリオホヴィ)とRiuttahovi(リウッタホヴィ)は互いに2キロほど離れています。そして、プンカハリュで訪れるべき場所、例えば、雄大な自然の景色が楽しめる環境保護地区、氷河期から続く尾根の道、森林博物館LUSTO(ルスト)などから車で30分くらいの場所にあります。

プンカハリュの自然について詳しくは、「プンカハリュという場所での自然探索」をご覧ください。

オーナーのKatri Paajanen(カトリ パーヤネン)さんは、すべてのお客様に対してと同じように、私とマリアンネとスティーナを迎えてくれました。予約のやりとりをする間に、彼女が道順をメールで教えてくれていたから、ヴィラへは迷わずに到着できました。

到着すると、サウナとバスタブのバスタブの温め方、暖炉の使い方、ゴミの分別ルールなど、ヴィラでの生活で必要な事をカトリさんが教えてくれました。そして、もし何かあった時に連絡できるように、彼女の電話番号も教えてくれました。

 

プルベシ湖は、サイマー湖の一部であり、その清潔でピュアな水と砂のビーチが有名です。サイマー湖水地方で過ごす休日の間は、季節にかかわらず湖で過ごすことをお勧めします。他のレンタルコテージと同様に、このコテージでも手漕ぎボートは無料で使えます。釣りがしたい場合などで必要ならばモーターボートもレンタルできます。

カトリさんが近くの自宅に帰った後、私たちの行動はシンプルでした。私は「サウナ&湖スイム愛好家」なのでサウナとバスタブを薪で温め始め、マリアンネは湖の水を汲んでサウナへ運び、スティーナはヴィラのテラスでのBBQの準備に取りかかりました。

どの季節も安らげる空間と自然の静けさ

森ガールな私たちは誰ともなく森に入っていき「マイタイム」を過ごしました。マリアンネはカメラを片手に、スティーナはキノコを摘み、私は裸足で森林浴(そして足のマッサージ)。

空と周りに広がる森を眺め、穏やかな湖の波と夏の風の音を聞いている間、人生において空間と自然の静けさが、人の健康とバランスの取れた人生にとってどれほど貴重であるか、というようなことを考えていました。

参考までに、関心がある方は “SaimaaLife relaxation technique with the help of nature sounds”を読んでみてください。

「静けさは魂を成長させる」と言われます。でもウェルビーイングという観点では、静けさは体と心の両方に良い効果を与える、と言えます。例えば、PsychCentral の記事「静けさの隠れた効能」では、このように説明されています。

    • 血圧を下げることで、心臓発作の予防
    • 体の免疫力を高める
    • 新しい細胞を成長させることで脳の組織に効果があり、学習、記憶、感情にも関連して効果がある
    • 血中コルチゾール値とアドレナリンを低下させ、ストレスを軽減します
    • ホルモン調節とホルモン関連システムの相互作用を促進します。
    • 血栓の形成を予防

まあ、ここKalliohoviのヴィラでは、すべては自然の安らぎを育むような場所でした。それはヴィラの周りでも、室内でも、フィンランドの瞑想の場所「サウナ」でも。

このPuruveden Lomahuvilatのヴィラは、年間を通してレンタル利用できます。四季折々、周囲の風景は「自然の色」を変えます。秋はRuska(ルスカ)で色づいた葉の黄色、冬は雪の白色、春は新芽の色、夏は白夜の美しい色。

テラスでの夕食後は、お待ちかねの露天風呂、サウナ、湖で泳いでリフレッシュの時間です。美しく変化していく白夜の夕焼け空を眺めながら、「このヴィラは、家族で過ごすだけでなく、私たちのような女性グループや友人同士の小さなグループで過ごす時にもベストだね」と話していました。このヴィラは、必要な物や設備が完備されていて、6名(追加を希望すれば+2名)のベッドがあります。

実は、1日だけではこの場所の良さを知るには短すぎる、とも話していました。1日過ごしてやっと、私たちはサイマー湖水地方でのコテージ生活に馴染んできた、と感じられたからです。

そう、この滞在後にこのFacebookの投稿で書いたのは、そういう理由なのです。

「私たちの今週のウェルビーイングへのヒントは、「薪を割り、森で散歩し、サウナ、湖スイム、ゆっくりと料理、体が必要とするだけたっぷり睡眠をとり、脳を休ませ、モバイルではない他の物に触れる一週間。ただそこにいるだけ、自分にとって自然なリズムで生きるだけ」という項目を、あなたのやりたいことリストに追加すること」🌿☀️🌿

本当は1日2日ではなく、1週間は過ごしたい。それは、ウェルビーイングの恩恵を得られるくらい馴染むのには時間がかかるから。(気を付けて!自分のために自然の中での休息を、次は2週間欲しくなるので。次は、1ヶ月。そうしたら、すっかり新しい生き方を見つけることになるかもしれない。😉

この滞在の思い出の時間を、この 360° VRビデオでシェアさせてください!

Puruveden Lomahuvilat Holiday Villasの360° バーチャルツアー

こちらから、Puruveden Lomahuvilat が所有する2つのレンタルヴィラをバーチャル訪問できます。矢印をクリックでスタート!ヴィラの室内の設備や周辺の様子など、見たいところをクリックで選択!

 

この記事は、 Puruveden Lomahuvilatの提供で、SaimaaLife Mediaがお届けしました。

シェア

記事を読んでのご感想やご意見をお待ちしています。 [email protected]宛にメールいただくか、ここからメッセージをお送りください。

You Might Also Enjoy