ツアープログラム

『大人のエリーさん meets SaimaaLife』 ツアー2018のプログラムをご紹介します。

※スケジュールと訪問先は現地の事情により変更される場合があります。

【1日目】 9月23日(日) ヘルシンキの歩き方を知る日

朝食:× / 昼食:○(機内食) / 夕食:×

★ 宿泊:ヘルシンキ Hotel Helkaまたは同等クラスのホテル

『大人のエリーさん』として、一緒に初秋のフィンランドへ飛び立ちましょう。直行便で10時間の飛行機の旅。機内のデザインや食事から、北欧気分が盛り上がります。ヘルシンキ・ヴァンター空港で、現地スタッフがお迎えに来てくれます。空港バスに乗ってヘルシンキ市内に移動します。宿泊するホテル・ヘルカは、フィンランドデザインの巨匠アルヴァ・アアルトの家具をふんだんに使用したモダンなホテルです。

ホテルにチェックインした後、現地スタッフと一緒にヘルシンキの街歩きをしましょう!地図を持って一緒に歩けば、街がぐるっと分かるようになるでしょう。この日のうちに、ヘルシンキ市内のメトロやトラムの乗り方もしっかりお伝えします。

ディナーはEthical(エシカル=環境や地域に配慮した)なレストランを予約しています。(予約のみ、現地払い)

出会った仲間との「はじめまして」のおしゃべりが弾みそうですね。

【2日目】 9月24日(月) ヘルシンキで自分らしい時間を過ごす日(終日フリータイム)

朝食:○ / 昼食:× / 夕食:×

★ 宿泊:ヘルシンキ Hotel Helkaまたは同等クラスのホテル(前日と同じ)

Photo by: Juho Kuva, Visit Finland

ホテルで朝食を食べたら、ヘルシンキの街へ出かけましょう。

前日に現地スタッフと街歩きしているので、トラムやメトロも迷うことなく移動できるはず。市内観光スポットをゆっくり廻る、マーケットやスーパーでヘルシンキっ子の日常を体験する、インテリアショップを巡る、アンティーク食器を探す、マリメッコの本社とアウトレットに行く、教会を巡るなど、ヘルシンキで自分らしい時間をたっぷりと過ごして下さい。(出発前にリサーチ&プランニングの時間をつくります)

【3日目】 9月25日(火) サイマー地方の都市サヴォンリンナ(Savolinna)を楽しむ日

朝食:○ / 昼食:○ / 夕食:○

★ 宿泊:プンカハリュ Holiday Resort Naaranlahtiコテージ (マリの家から5km)

午前:ヘルシンキから湖水地方へ、列車の旅(特急+ローカル線)

7:09 Helsinki発、10:36 Parikkala乗換え、11:29 Savonlinna着

少し早起きをしてホテルをチェックアウト。歩きやすい恰好で出発します。中央駅から特急列車とローカル線を乗り継いでいきます。車窓には、たくさんの緑と青い空がのんびりと広がります。北欧らしいデザインの列車内には、日本の列車にはない設備もあるのでチェックしてみてください。4時間の快適な列車の旅をお楽しみください。

Savolinna駅ではSaimaaLifeのマリが出迎えてくれます。挨拶のあと、マリと一緒にレストランに向かいます。

ランチ:サヴォンリンナのレストランで名物ムイック料理

オラヴィ城近くのレストラン(Kahvila Saima)で、サイマー地方の湖で獲れた新鮮なムイックの名物料理のランチを、マリと一緒にいただきましょう。

午後: サヴォンリンナ観光

14:00 オラヴィ城ガイドツアー(英語ガイド、日本語の解説パンフレットあり)

スーツケースをレストランに預け、湖上に浮かぶ要塞の城オラヴィ城を見学します。戦争時の兵士の生活が営まれていた城内で、今では夏にオペラやバレエが演じられる様子をイメージしながら見学します。ツアーでしか行けない部屋も見学できます。迷路のような城の中を登ったり降りたりたくさん歩きます。

ツアーの後は、マリと一緒にサヴォンリンナの町を歩いて散策します。

クラフトショップなどで地元の工芸品のお買い物したり、 地元のカフェやマーケットで名物スウィーツロルツゥ(lörtsy)やアイスクリームを食べるのもおすすめです。

レストランで荷物を受け取り、ミニバスで宿泊先のコテージまで移動します。荷物を運び入れひと休みしたら、夕食はコテージ施設内のレストランで地元の名物料理をビュッフェ形式でいただきましょう。サイマー湖水地方で採れた食材や郷土料理もあるはずです。色々な味を試して、コテージの方との会話も楽しんでくださいね。夕食後は周辺をお散歩したり、コテージのサウナに入ったり、思い思いにリラックスした時間を過ごします。

※特急電車で移動中やサヴォンリンナでの軽食は各自払い。

マリおすすめの、サヴォンリンナでの過ごし方もご覧ください。

サヴォンリンナ – Saimaaにあるフィンランドの素朴な街

【4日目】 9月26日(水) プンカハリュの森と湖を感じる日

朝食:○ / 昼食:○ / 夕食:○

★ 宿泊:(前日と同じ)

プンカハリュ Holiday Resort Naaranlahtiコテージ (マリの家から5km)

湖畔のコテージで森の音を聞きながら目覚められたと思います。敷地内にあるレストラン棟で、朝食ビュッフェをいただきましょう。

午前:湖を楽しむ時間

コテージのヤンネ(Janne)氏の英語ガイドで、フィンランド内でも特に水がきれいなことで有名なプルベシ湖を旅します。 ボートで景色を楽しみながら、電気もない昔ながらのフィンランド式コテージをめざします。

(雨天時:雨具を借りて、車で同じコテージを訪問します)

ランチ:オープンファイアーで地元の魚料理

ヤンネ氏が、プルベシ湖の魚でランチを作ってくれます。 アウトドアでいただくランチは格別です。

午後: 森を楽しむ時間

コテージに戻り、ミニバスでマリの自宅を訪問します。

マリの案内で、自宅周辺の森を歩き、きのこやベリーを探しましょう。森の中のマリお気に入りの場所で少しエクササイズをして心も体もほぐしましょう。マリの自宅にある2種類のサウナを見学し、サウナにまつわる話や入り方を習います。 マリや娘さんたちと一緒に、サウナと湖へのダイブを楽しみましょう。(予定)

(雨天時:マリの自宅で、フィンランド料理体験)

ディナー: マリの自宅にて

マリの家族と一緒に夕食をいただきます。一緒に採ったきのこも味見しながら、実際にフィンランド人が暮らす様子を知り、フィンランドの自然に結びついた生活を体験します。 マリとの会話も楽しんで、SaimaaLifeをたっぷり感じてください。

ミニバスでコテージに戻ります。

マリおすすめの、湖水地方の秋の楽しみ方もご覧ください。

Punkaharjuの秋のリラクゼーション

Inspired by Saimaa (Part 7): フィンランドでするべきこと

【5日目】 9月27日(木) フィンランドの森とサウナを深く知る日

朝食:○ / 昼食:○ / 夕食:○

★ 宿泊:プンカハリュ Hotel Punkaharju 

フィンランドで最も古いホテルの一つで、地元のデザイナーによるリノベーション後、アンティーク家具と全室異なるデザインのホテルとしてオープン。各種、受賞歴のある、ブティックホテルです。シングルルームに宿泊し、ラグジュアリーな時間とご褒美ディナーを楽しんでください。

朝食:モーニング・バスケット

前日は夜まで外出していたので、朝食はのんびりとコテージでいただきましょう。レストラン棟から朝食が入ったバスケットがコテージに届きます。

午前:きのこ狩りツアー

コテージをチェックアウトし、ミニバスで本日の宿泊先ホテル・プンカハリュへ移動します。ホテルにスーツケースを置き、すぐに森に出発します。

ホテルのオーナーで地元出身、世界で活躍するモデルでもあるサイミ・ホイヤー(Saimi Hoyer)の英語ガイドで、きのこ狩りツアーに行きます。その時のコンディション次第で、とっておきのスポットに案内してもらいます。きのこにとても詳しいサイミから色々な話を聞きながら歩くことで、フィンランドの森を深く知ることができるでしょう。

(雨天時:ホテル内のレストランでフィンランドの自然から採れる食べ物についてレクチャー、味を体験)

ランチ:オープンファイアーBBQ

フィンランドの森での食事といったらマッカラ(太いソーセージ)をこんがりと焼いていただくことです。森のエネルギーを全身に受け取り、おしゃべりが弾みそうですね! Holiday Resort Harjun Portti

PM: 自由時間

ランチが終わったら、ホテルまでは10分ほど歩いて戻ります。

午後は自由時間です。お好みの事をしてゆっくりと過ごしましょう。おすすめは、ホテル周辺を散歩、アクティビティ(ノルディックウォーキング、サイクリングやカヌーなど)、 ルスト(LUSTO)森林博物館(ホテル・プンカハリュから徒歩5分)の見学、LUSTOやホテルのショップで買い物 。*アクティビティ、LUSTO入館料は別料金。

18:00:ディナー Hotel Punkaharjuのレストランにて

ホテルのレストランにて、コースディナーをいただきます。いつもの自分の頑張りへのご褒美とこの旅の思い出に、地元の食材をふんだんに使った、ハイレベルなフィンランド料理をご堪能ください。

20:00 : サウナ&湖へダイブ!

湖畔にあるホテルのサウナで、湖水地方でのまとめともいえる時間になりそうです。湖畔のサウナ小屋は、 フィンランドデザインが効いていて素敵です。

サウナの後は、ホテルで自分だけの贅沢な時間を楽しんでください。部屋のリネンやシャンプーなど細部まで地元産、フィンランド産にこだわっているので、注目です。

Hotel Punkaharjuに関するストーリーもご覧ください。

Inspired by Saimaa (Part 2): Hotel Punkaharju(ホテルプンカハリュ)

ホテルプンカハリュ(と家)での素敵な休息

【6日目】 9月28日(金) 帰国

朝食:○ / 昼食:×(特急の食堂車など) / 夕食:○(機内食)

ぶらぶらと10分ほどのんびり歩きながら駅に向かいます。森のパワーをしっかりと吸い込んでください。

ローカル線と特急を乗り継ぎます。

9:51 Lusto発、10:23 Parikkala乗換え、13:39 Helsinki着

昼食はVRのレストラン車で買って食べるのも楽しいですよ。ヘルシンキに着いたら空港バスまたは電車で、ヴァンター空港へ移動します。空港では免税手続きをお忘れなく。免税店でも買い物を楽しめます。

14:00ごろ ヘルシンキ中央駅からヴァンター空港へ移動

17:00ごろ ヴァンター空港より帰国の途へ

【7日目】 9月29日(土) 帰国

午前中に日本着。お疲れさまでした。

 

 

< 目次 > ツアーに関する他のページへは、こちらからお進みいただけます。
1.ツアー概要
2.大人のエリーさんの旅とは
3.旅の舞台プンカハリュ
4.SaimaaLifeとは
5.ツアープログラム
6.関連イベント
7.お問い合わせ
シェア