SaimaaLifeとは

サイマー湖水地方のプルベシ湖のほとりで生まれ育った地元っ子マリ(Mari)は、たくさんの写真とVR映像を撮り、ライフスタイルブログという形で英語で発信しています。完璧ではないありのままのフィンランド人家族の生活の様子を、そして生活のあらゆることが豊かな森と湖の恵みに結びついている様子を、友だちに語りかけるようにお伝えしています。

みなさんは、きっと「森林浴」という言葉をご存知で、その心地よさを体験したことがあると思います。今、この「Shin-rin-yoku」という言葉は世界中で使われ、その効果が注目されています。日本でもフィンランドでも、古くから人々はその効果を実感し、大切にしてきました。ここにも、日本人とフィンランド人の感覚が近いと言われる理由があるのかもしれません。

さらに、SaimaaLifeの森林浴のストーリーはこちら

では、『バイオフィリア(biophilia)=生物や自然への愛情』という言葉はご存知でしょうか?

「人間には、生物や生気に引きつけられる心理的傾向がある」というこの考え方を初めて提唱したのは、1964年ドイツの社会心理学者エーリッヒ・フロムでした。

バイオフィリアによると、それは私たちの生物学的ルーツにより、無意識のうちに自然やそこに生きるすべての生命システムとのつながりを求めます。このつながりを失なったり、つながりがあまりにも弱くなった場合、私たちの健康とウェルビーイングに悪影響がでてくるというのです。

さらに、SaimaaLifeのバイオフィリアに関するストーリーはこちら

「月に一度の森林浴でも効果がある」といわれても、いつもの忙しい生活の中に自然と触れる時間を取り入れるのは、なかなか大変ですよね。でも、大丈夫。自然の映像や写真を見たり植物を飾ったりなど、どんな形でも自然に触れることで、自然が好きではない人でさえ、ストレスが軽減し血圧が正常値に近づくなどの好反応が出る、という研究結果も報告されています。人間の生物学的ルーツに近い形を少し取り戻してあげることで、現代社会の生活では眠っている本来の回復力が発揮される、ということなのでしょう。とても不思議です。

SaimaaLifeでは、サイマー湖水地方の森と湖からのストーリーを、写真だけではなく360°VRコンテンツも使って発信しています。VRの良いところは、その映像の中に居るかのような「没入感」が得られることです。SaimaaLifeのVRは、フィンランドの森と湖の中でMariと時間を過ごし、まるで隣で話しているかのようなストーリーが特徴です。VRを使って、フィンランドの森と湖のパワーを世界中に届けたい、いつもの日常に癒しとちょっとの刺激をお届けしたい。そんな気持ちでSaimaaLifeは活動しています。

これがSaiamaLifeのVR映像です。SaimaaLifeでは、360°カメラで撮影した映像のことを、VRコンテンツと呼んでいます。VRを楽しむには、スマートフォンでは「YouTubeアプリ」から再生して下さい。スマートフォンを左右に動かしたり、指でぐるぐるとスワイプさせると、自分を中心とした360°映像を見ることができます。PCの場合は、動画を再生し、マウスの左側を押しながら動かします。

フィンランドの森の中にも、自分と同じように仕事と育児に忙しくしている女性がいて、その完璧ではないごく日常の様子をフォローしてみると、自分の日常も違って感じられるようになるかもしれませんね。

今回のツアーでは、マリの自宅を訪問し、フィンランド人の生活の様子を知るプログラムがあります。マリだけでなく、ちょっとシャイだけれどとびきり親切なサイマー湖水地方のみなさんと一緒に森や湖にでかけたり、食事をしたり、一緒に過ごす時間がたくさんあります。たくさん話をして、ありのままのフィンランドを、フィンランドのアイデンティティを感じてきてください。

フィンランドの森と湖のパワーをいっぱい心と体に吸収した後、また笑顔で「いつもの生活」を頑張るエリーさんを応援しています。

 

SaimaaLife Japanマネージャー

伊藤 朝香

 

 

< 目次 > ツアーに関する他のページへは、こちらからお進みいただけます。
1.ツアー概要
2.大人のエリーさんの旅とは
3.旅の舞台プンカハリュ
4.SaimaaLifeとは
5.ツアープログラム
6.関連イベント
7.お問い合わせ
シェア