ツアープログラム

このツアーのプログラムを、去年の写真を少しだけ添えてご紹介します。今年は、湖水地方とヘルシンキでのNWの時間、そしてヘルシンキでのフリータイムもたっぷり。ブラッシュアップしたプログラムができました!

(スケジュールは予定です。現地などの諸般の事情で変更の可能性がありますので、ご了承ください。)

 

【1日目】 8月23日(日) 出発、憧れのフィンランドへ!

★ フィンエアー直行便 11:00 成田発/ 15:00 ヘルシンキ着
★ 朝食:× / 昼食:○(機内食) / 夕食:×(予約のみ、現地払い)
★ 宿泊:ヘルシンキ Hotel SOKOS Presidentti

 

残暑厳しい日本を離れ、夏の終わりのフィンランドへ飛び立ちます。成田発のフィンエアー直行便で、約9時間半の旅。機内のデザインや食事から、北欧気分が盛り上がります。

ヘルシンキ・ヴァンター空港から空港バスで30分、中央駅に到着です。車窓から見えるヘルシンキの街に、去年のツアーでは「早く街歩きに行きたい!」と歓声が上がっていました。

宿泊するホテル・プレジデンティは、フィンランドのファッションブランド ‘IVANA Helsinki’デザインでリノベーションされたホテルです。チェックイン後、一緒に街歩きへ出発!この日のうちに、切符の買い方、ヘルシンキ市内のメトロやトラムの乗り方もお伝えします。

夕食は、フィンランド料理が楽しめるレストランでウェルカムディナー。(予約のみ、各自現地払い)

時差ぼけの影響で初日の夜は眠いので、翌朝の早い出発に備えてしっかり休みます。

 

【2日目】 8月24日(月) サイマー地方の都市サヴォンリンナ(Savonlinna)を楽しむ日

★ 朝食:○ / 昼食:○ / 夕食:×(予約のみ、現地払い)
★ 宿泊:プンカハリュ Hotel Punkaharju  

 

AM:ヘルシンキから湖水地方へ列車の旅

時差ぼけで早く目が覚めるので、早い出発もつらくないはず。朝食をとってホテルを出発です。

中央駅から特急列車VRとローカル線を乗り継ぎ、 環境負荷の少ない移動手段として再注目されている列車の旅を楽しみます。 さすが福祉先進国と思わせる列車内にはレストランカーやファミリールームなどがあり、 とってもお利口なワンちゃんに出会うことも。

お席のタイプも色々で、座席はゆったり快適に過ごせます。 車窓から森の緑と青い空をのんびり眺めたり、 コーヒーを飲みに移動したり、 日本にはない設備をチェックしたり、去年も「あっという間の4時間だった」との声があがっていました。

サヴォンリンナ駅ではSaimaaLifeのマリが出迎えてくれます。挨拶のあとスーツケースを預け、マリと一緒に水辺の道を歩き、レストランに向かいます。

昼食は、サヴォンリンナの地元レストラン(Kahvila Saima)で、目の前の湖で獲れた新鮮なムイック(小魚)のフライをいただきます。ヘルシンキのレストランでも提供されている名物料理ですが、ムイックの鮮度が違います!

PM: サヴォンリンナ観光  

ランチ後、湖上に浮かぶオラヴィ城へ(日本語の解説パンフレットあり)。戦争時には兵士が生活していた要塞の城で、毎年夏に国際的なオペラ祭が開かれることで有名なお城です。迷路のような城の中を登ったり降りたり、当時の兵士に思いを馳せて見学します。

その後は、マリの案内でサヴォンリンナの街を散歩しながら、地元デザイナーのクラフトショップでお買い物を楽しみます。

参考:SaimaaLife流サヴォンリンナでの過ごし方

まだ明るさの残る夕方、マリのガイドでお城・教会・水辺の道・島などの景色を楽しみながら、約2時間のんびりノルディックウォーキングを楽しみましょう。

地方都市の図書館にも立ち寄り、教育先進国フィンランドの秘密を探ります。後日ヘルシンキのOodi図書館を見学しますので、2か所の図書館を比べることで深い発見がありそうです。

夕食は、市内のレストランでお腹の空き具合に合わせてアラカルトメニューからそれぞれオーダーします。(予約のみ、現地支払い)食後、ミニバスでホテルへ移動します(約30分)。

宿泊は、去年のツアーでも大好評だったホテルプンカハリュに、今年は2連泊します!フィンランドで最も古い建物の一つをホテルにリノベーションした建物で、地元出身でフィンランドで有名なモデルのSaimi Hoyerさんがオーナーとなりました。モデルとして世界中を旅してきたサイミさんの美へのこだわりと故郷サイマー湖水地方への思いが詰まったこのホテルは、フィンランド国内外の賞を数多く受賞している人気のホテルです。

地元デザイナーにより全室異なるテーマでアンティーク家具や雑貨が配置されています。ベッド・リネン・アメニティなど細かいところまで、地元産・フィンランド産にこだわっているところにも注目です。寝心地が最高のベッドで、ゆっくりお休みください。(ホテル棟とヴィラ棟に宿泊)

参考:SaimaaLifeのホテルプンカハリュでの宿泊について

 

【3日目】 8月25日(火) プンカハリュの森と湖を感じる日

★ 朝食:○ / 昼食:○ / 夕食:○
★ 宿泊:プンカハリュ Hotel Punkaharju  (前日と同じ)

この日は、ホテルプンカハリュの朝食から始まります。手作りのグラノーラやお粥、地元のキノコを使ったパテ、地元の肉を使ったハムやソーセージが絶品です。景色を楽しみながら、ゆっくりと楽しんでください。

 

AM:きのこ狩りツアー

サイミさんの英語ガイドで、きのこ狩りへ行きます。その時のコンディション次第で、とっておきのスポットに案内してもらいます。きのこにとても詳しいサイミさんからきのこや森の話を聞きながら歩くことで、フィンランドの森を深く知ることができるでしょう。採ってきたきのこは、ホテルでお掃除します。一晩ドライにしてもらい、お土産でお持ち帰りします。

(雨天時:ホテル内のレストランでフィンランドの自然から採れる食べ物についてレクチャー、味を体験)

ランチは、ヘルシーなランチボックスをオーダーします。森の中、湖のほとり、ホテルの部屋など、お気に入りの場所で景色を楽しみながらいただきましょう。

PM: フリータイム

おすすめは、ホテル周辺を散歩、アクティビティ(サイクリングやカヌーなど)、 ルスト(LUSTO)森林博物館(ホテル・プンカハリュから徒歩5分)の見学、LUSTOやホテルのショップで買い物 。*アクティビティ、LUSTO入館料は別料金。

夕方:サウナヨガ・SUP体験

ホテル敷地内の湖畔にあるサウナを貸切ります。英語ガイドのサウナヨガと、穏やかな湖でのSUPを体験します。アクティビティ後は、もちろんサウナ&レイクスイムに挑戦!

夕食:ホテルのレストランでコースディナーをいただきます。このレストランは、地元の食材を使って、地元に根差した新しい料理を開発し、年間を通じて旅行者に新しい料理体験を提供する先駆的なビジネスとコミュニティとして評価され、‘the best food travel product in Finland for 2019’を受賞し、今フィンランドで最も注目されているレストランのひとつです。少しドレスアップして、ステキなインテリアに溶け込みながら、ラグジュアリーな時間をお楽しみください。

SaimaaLifeのHotel Punkaharjuのストーリーはこちら

 

【4日目】 8月26日(水) サイマー湖水地方の自然を深く知る日

★ 朝食:○ / 昼食:○ / 夕食:○
★ 宿泊:プンカハリュ Hotel Punkaharju

朝サウナ・朝さんぽ・お土産ショッピングなど、ホテルの時間を最後まで楽しみ、大きな荷物は車に預けて出発です。

AM:ノルディックウォーキング+シナモンロール作り

ノルディックウォーキングで、フィンランドの田園風景を眺めながら、地元の農園を目指します。(6km, 約60分)

到着したら、まずは広々とした緑の農園を案内していただき、動物たちにご挨拶。その後、フィンランド伝統のシナモンロールを農園のお母さんと一緒に作ります。

シナモンロールが焼けるまでは、スープランチをいただいたり、動物と触れあったり、農園の方との交流を楽しみます。 そして、最後に焼きたてのシナモンロールとコーヒーで、 まさに映画『かもめ食堂』のワンシーン!シナモンとカルダモンがふわっと香り「ここのシナモンロールが一番美味しかった!」と、昨年のツアーご参加者にも大好評でした。 

PM: ノルディックウォーキングで今日宿泊するヴィラへ向かいます。(3km, 約30分)

夕方:ヴィラの目の前の湖で、湖のアクティビティを体験します。優しいガイドのEsaさんに教えてもらいながら、ジャイアントカヌーやボートなどで穏やかな湖へ漕ぎ出します。旅の思い出に、初めてのアクティビティにも挑戦してみましょう。

夕食:湖畔に建つかわいいBBQ小屋で、フィンランド式BBQディナーです。SaimaaLifeの食のプロであるスティーナさんが、とっておきのメニューを考えてくれます。地元の人たちとの交流を楽しみながら、本場フィンランド式のBBQを楽しみましょう。

暗くなってきたらサウナへ。 こちらは、薪でサウナストーンを熱する本格的なもの。 そこに水をかけて水蒸気を発生させて体感温度を上げる「ロウリュ」を体験できます。 さらにフレッシュな白樺の枝を束ねた「ヴィヒタ」で体を叩くことで、 血行促進、殺菌・保湿作用により、肌の引き締めやハリをもたらしてくれます。

そして、ポカポカになったら湖にドボン! 昨年は、月明かりの中、裸でドボンしましたよ。 最近日本でもブームになっているサウナ。 私たちだけの貸切ですので、心おきなく存分に楽しみましょう。

 

【5日目】 8月27日(木) 森と湖のほとりをノルディックウォーキング!

★ 朝食:○ / 昼食:×(特急のレストラン車など) / 夕食:×
★ 宿泊:アパートメントホテルAallonkoti

湖の近くで、気持ち良く目覚めたら、お散歩しながら朝食の会場へ。チェックアウトして大きな荷物は車に預け、出発です。前回の参加者さんからもっと歩きたかった!との声をいただいたので、森と湖の中でのノルディックウォーキングの時間を増やしました。

マリの案内で、サイマーの自然をたっぷりと感じる湖や尾根の道を歩きます。森と湖のパワーをしっかりと吸い込みながら、ローカル線の駅まで歩いていきます。(約2時間)

ローカル線と特急を乗り継ぎ、ヘルシンキへ戻ります。ランチは列車のレストラン車を利用します。旅気分が盛り上がる!楽しい!美味しい!と前回も好評でした。

17:00頃、ヘルシンキに到着。10分くらい歩いてアパートメントホテルにチェックインします。

再び集合して、「世界一優れた公共図書館2019」を受賞したOodiを見学しましょう。『市民のリビングルーム』というだけあってとても心地よいだけでなく、色々な機能が詰まった、とても美しい図書館です。思い思いのスタイルで寛ぐヘルシンキっ子に習って、私たちもお気に入りのスペースを見つけ、しばしローカル気分を味わってみましょう。 

その後、デパートやスーパーなど食材を買える場所を中心にご案内し、解散します。

アパートメントホテルでは、フィンランドブランドの調理器具や食器が揃っているので、料理したい気持ちが盛り上がります。テイクアウトしたデリを盛り付け、ビールと共にホテルのテラスでいただいたり、チェックしていたレストランに出かけたり、遅くまで明るいこの季節の夜をご自由にお楽しみください。

 

【6日目】 8月28日(金) 終日フリー 『マイ ヘルシンキ』

★ 朝食:× / 昼食:× / 夕食:×
★ 宿泊:アパートメントホテルAallonkoti (前日と同じ)

この日は、夜まで終日フリータイムです。marimekko・iittala・Arabiaなどのお目当てのブランドや、教会・マーケット・世界遺産のスオメンリンナ島など、観光スポットへ出かけましょう。ヘルシンキの街はとても分かりやすいので、去年の皆さんも自由に楽しみ、ちょっとしたトラブルや思いがけない出会いなどがとても心に残った、とのことでした。

今年は終日フリータイムが取れましたので、ちょっと郊外の町まで出かけることもできそうです。事前にプランを相談できる機会を作りますので、自分らしいマイ・ヘルシンキを楽しんでください。

 

【7日目】 8月29日(土) 最終日もヘルシンキをたっぷりNW、帰国

★ 朝食:×(カフェにご案内) / 昼食:× / 夕食:×(予約のみ)
★ 宿泊:機内

最終日は、様々な顔をみせてくれる街ヘルシンキをたっぷり歩きます。

ヘルシンキっ子に人気の遊歩道トーロ湾を出発し、海辺のカフェで朝食をいただいたら、ヘルシンキらしいカラフルな建物やクラシカルな高級住宅街を抜け、土日のみオープンしている青空市を目指します。ヴィンテージ雑貨探しを楽しんだら、歩行者専用道路をグングン歩いてアパートメントホテルへ戻ります。(約10km/4時間)

その後、フリータイム。深夜便利用となり、このフリータイムも長く取れました。スーパーでお土産の買い物など、最後まで楽しみましょう。

17時ごろ集合し、レストランでお別れディナーをいただきます。(予約のみ、現地支払い)

その後、空港バスでヘルシンキ・ヴァンター空港へ(約30分)移動し、深夜フィンエアーにてご帰国の途へ。

【8日目】 8月30日(日) 帰国

★ 朝食:○(機内) / 昼食:○(機内) / 夕食:×

23:55 フィンエアー直行便にてご帰国の途へ。
15:20 日本着

お疲れさまでした。

このツアーの概要と募集スケジュールはこちらから。

シェア