サヴォンリンナに行ってみるべき3つの理由

18.6.2014

あなたの故郷のサヴォンリンナに来る人に3つお勧めするなら、何かある?VisitFinlandで知り出会ったPR Network and Social Mediaのコーディネーター・Eva Kivirantaさんに聞かれた質問です。

Evaさんは、VisitFinlandのFacebookページ上での彼女の会社のキャンペーンについて話してくれました。毎週、彼女の会社はフィンランドにある街と訪れるべき3つの理由を掲載しているそうです。そこで私に、サヴォンリンナに行く理由を3つ挙げられるか聞いたのです。

もちろん!喜んで!と、自然に答えが出ました。

3つの理由を探して自分でも経験してみて、投稿しよう。夏の晴れた日に夫と一緒に見つけて、子供達なしの充実した時間を過ごそう。いい案だ!と思いました。

数週間前の晴れた夏の日の、SaimaaLifeが選んだ見つけたサヴォンリンナを訪れるべき3つの理由です・・・

olavinlinna-castle-in-savonlinna

#1オラヴィ城

オラヴィ城。私に故郷の真珠。素晴らしいSaimaa湖の自然に囲まれた、美しい中世のお城。

オラヴィ城の美しさを経験する方法はたくさんあります。私はボートでオラヴィ城に行った事が何度もありますサヴォンリンナ・オペラフェスリバルに行った事があるのでお城の中の事も知っている為、今回はお城の周りを歩いて、新鮮な空気を吸って美しい周辺を楽しむ事に焦点を当ててみようと思いました。

surroundings-of-olavinlinna-castle

two-good-places-to-experience-olavinlinna-castle

オラヴィ城のよく知られている所とそうでない所。

ハイヒールを履くのは夜にとっておいて、両方に行ってみましょう!

riihisaari-savonlinna

aino-ackte-puistotie-savonlinna

ウォーキングはAino Ackte Puistotie沿いへと続きました。

old-wooden-house-in-savonlinna

railway-bridge-in-savonlinna-finland

鉄橋まで歩いて行ってみる価値はあります。なぜなら・・・

view-from-railway-bridge-to-olavinlinna-castle

オラヴィ城のこんな写真が撮れるのです。

walk-in-savonlinna-to-see-olavinlinna-castle

鉄橋の後は、坂道を下って右折すると森へまっすぐ進みます。

good-place-to-visit-in-savonlinna

行く価値のある場所!

olavinlinna-castle-and-saimaa-lake-nature

cruise-around-olavinlinna-castle

もっとお城の近くまで行きたければ、クルーズで周りをまわってみましょう!

backside-of-olavinlinna-castle

olavinlinna-castle-during-summertime

driving-to-punkaharju-ridge-area

次に私たちは、プンカハリュ尾根エリアに向かいました。

サヴォンリンナ中心街から30キロです。

finnish-landscape-route-in-savonlinna

景色のいい道沿いを進んで右折します!

punkaharju-ridge-and-view-from-car

尾根の頂上を進む狭い道と両側に見える湖。

お勧めです!

peaceful-rhythm-of-savonian-life

#2 サヴォンリンナの生活の穏やかなリズム

フィンランド人の中には、少数民がたくさんいます。私はサヴォニアンのハーフで、サヴォンリンナは南サヴォに属しますサヴォニアンの人々は人生に対する穏やかなリズムとゆったりと構えた姿勢で知られています。せわしなくいる事はないし、少なくともそう見えます。怠け者だという人もいるけれど、私たちは健康的な意味で怠け者なのです。気楽に急がずいられる能力は、常にせわしない近頃ではなんと価値のある技でしょうか!

穏やかな人々は、雰囲気や周囲を穏やかにします。それがサヴォンリンナを訪れるもう一つの理由、サヴォンリンナの穏やかなリズムです。

プンカハリュに着く頃には、私と夫は空腹でした。私はKruunupuistoにあるcafe Inkerintaloの夏の最初のお客さんになれるよう予約しておきました。(サウナヨガの協力について交渉しにKruunupuistoを訪れた時に、夫へのサプライズで予約しておいたのです)

急ぐ必要のない静かな(そして美味しい)ひとときは、私たちにとって奇跡でした。どこで何をしているかは関係ないのです。 大切なのは、一時ペースを緩めて全身でそのひとときを楽しむ事です。

finnish-savonian-poem-by-kalle-vaananen-about-peaceful-life

kruunupuisto-punkaharju-savonlinna-finland

kruunupuisto-punkaharju-inkerintalo-summer-cafe

more-quality-less-quantity-that-is-saimaalife-holiday-advice

map-of-punkaharju-nature-reserve

kruunupuisto-inkerintalo-summer-cafe-in-savonlinna

kruunupuisto-inkerintalo-decor

kruunupuisto-inkerintalo

kruunupuisto-inkerintalo-fireplace

kruunupuisto-wellbeing-tourism

i-only-want-to-live-in-peace-tove-jansson-in-moomins

punkaharju-nature-trails

the-beginning-of-nature-trail-in-kruunupuisto

#3 Saimaaの湖の自然

私のブログを読んだ事がある方なら、私の故郷を訪れる大きな理由のひとつがSaimaaの湖の自然である事にそれほど驚かれないでしょうね。私の家族は余暇のほとんどをSaimaaの湖の自然のアウトドアで過ごします。夏にはボートの家で生活し、次の秋にはプルヴェシ湖畔のコテージを借りたので、より自然の近くで過ごせる予定です。

私はただ、人間にとって自然が最高の場所だと思うのです。その美しさと静けさ、アクティビティや美味しい自然の食べ物。健康でいるのを支えるものがたくさんなのです!

もし信じられなかったら、Lonely Planetを信頼してみてください。Lonely Planetの最新版Secret Europeで、フィンランドの湖水地方をヨーロッパの最も秘密にされた旅のひとつにランクしています。Lonely Planetの中では、ヨーロッパの50の知られていない場所を紹介されていて、他の多くの保護されたエリアと共にLinnansaariKolovesi国立公園が掲載されていて、プンカハリュ自然保護区と同様に南サヴォ区に位置しています。それらの場所は全て私には馴染み深く、サヴォンリンナを訪れる際には是非お勧めしたい場所です!

お腹がいっぱいになったら、私と夫はKruunupuisto近くの眺めを楽しみに行ってみました。プンカハリュのエリアには歩くのに(冬にはスキーをするのに)美しい小道がたくさんあり、歩きやすくよく手入れがされています。小さな子供からおじいちゃんおばあちゃんまで、一緒に歩きながら素晴らしい湖の眺めを楽しむことができます!

saimaa-lake-nature-place-to-be-well

woman-practising-yoga-in-nature

yoga-outdoors-in-finland

stairs-in-punkharju-nature-trail

nature-trails-in-punkaharju

empowering-combination-of-green-and-blue

finnish-national-landscape

in-every-walk-with-nature-one-receives-far-more-than-he-seeks-quote-by-john-muir

私の故郷サヴォンリンナはリラクゼーションやアクティビティ、自然や文化の様々な異なる可能性に満ちています。もっと詳しく知りたい方はSavonlinna Travelに問い合わせてみてください。サヴォンリンナを訪れるべき理由を、さらに教えてくれますよ。

今回の私たちのサヴォンリンナでの1日は、穏やかでリラックスできるものでした。次回は、違った種類の日になる予定です。夏の1日を子供達と湖や遊園地Kesämaaに行くつもりです。その時は、行く前に体力を充電しておかないと(笑)

walking-path-in-punkaharju-ridge-area

私たちのサヴォンリンナでの1日の他の写真も、こちらをクリックしてご覧ください。

シェア

記事を読んでのご感想やご意見をお待ちしています。 [email protected]宛にメールいただくか、ここからメッセージをお送りください。

You Might Also Enjoy