フィンランドの伝統的なカレリアパイのレシピ

22.12.2017

カレリアパイは、その名の通りフィンランド東部のカレリア地方の郷土料理でした。そう、Saimaa湖水地方がカレリアパイの発祥地なのです。

まず初めに、ひとつお伝えしておきます!この有名で(そして最高に美味しい)フィンランドのカレリアパイの作り方は、難しくないです。見た目は難しそうですが、実際にはそうでもないのです。ちょっと時間はかかりますけどね。

これから、Saimaaやフィンランド中の日常生活に欠かせない、フィンランド人がみんな大好きなカレリアパイの作り方の手順を写真でご紹介します。

カレリアパイは、2つのもので出来ています。米のお粥とライ麦の皮です。

どちらも材料はとてもシンプル。ライ麦粉は、フィンランド以外の国だと手に入り難いかもしれませんが、大きなスーパーや製菓材料などの特別な店やネットショップで購入できると思います。お粥の米は、フィンランドでは“Puuroriisi”(お粥用の米)という名前で売られていますが、日本米のような短粒米やイタリアのリゾットに使われる中粒米( Calroseなど)が適しています。

フィンランドのカレリアパイの作り方:

カレリアパイ25~30個分のレシピです。初めての方は、半分の量で試してみるのもいいかもしれません。

まず、中に詰める米のお粥を用意します。ライ麦の皮で包む前にお粥を十分に冷まさないといけないので、私はお粥を前日に作っておくこともあります。

米のお粥/詰め物:

  • 米 0.8 カップ
  • 水 0.8 カップ
  • 牛乳 4カップ
  • 塩 小さじ1
  • (無脂肪乳を使う場合、バター小さじ2)

鍋にお湯を沸かします。(無脂肪乳を使う場合、バターを少し加えます。脂肪分が多い方がお粥は美味しいので。日本の一般的な牛乳ならバターは不要です。)米を洗わずに加え、水が無くなるまで炊きます。

よくかき混ぜながら牛乳を加え、沸騰させた後、弱火にして約1時間くらい煮ます。(煮る時間は米の種類によるので、時々様子を見てふっくら仕上げてください。)塩で味を調えて出来上がりです。

米のお粥を冷まします。外で冷やすのが、SaimaaLifeスタイル:)

次に、カレリアパイの生地を作ります。

生地/皮:

  • 水 200 ml
  • ライ麦粉 1と3/4カップ
  • 小麦粉 0.4カップ
  • 塩 小さじ1

これはなかなか大変です。でも、ライ麦粉と塩に水をまぜ、まとまるまで捏ねるだけ。根気良く、捏ねてくださいね。

さあ、詰め物と生地が用意できました。ここからが、カレリアパイのユニークなところ。

カレリアパイの“rypyttää” (ひだをよせて包む)方法をご紹介します。でも本当は、好きなように包めばOK!ということを覚えていて下さいね。私が作るカレリアパイと見た目が違うことは気にせず、自分オリジナルのカレリアパイを作っていることを誇りに思ってください!

フィンランドでは、こんな諺があります。カレリアパイはいつも「作った人と見た目が似ている」。

さあ、カレリアパイの包みかたの手順を写真でご紹介します。一番大切なポイントは、指の位置、そして閉じるときに強く押しすぎないということです。

Note! めん棒で、生地の半分を作業台で平らにします。その時、作業台の上には、 ライ麦と小麦粉を同量混ぜたものをたっぷりひきます。残りの半分の生地は、乾燥しないように、ラップやキッチンタオルで包んでおきましょう。

生地をどれほど薄く伸ばすかで、カレリアパイの味が変わります。ある人は、薄い生地にたっぷりとお粥を詰めたものが好き、逆に私のように、生地が厚めでお粥は少なめが好きな人もいます。初めての方は、いろいろなパターンを作って食べ比べて、自分の好みを見つけてくださいね。

上の写真が私が作ったもの、下の写真は、私の子どもたちが作ったカレリアパイです。私のお気に入りは、下の娘が発明したカレリアパイマフィン!

 

オーブンシートを敷いた天板にパイを並べます。

250℃のオーブンで10~15分、お粥の表面が軽く黄金に色づくまで焼きます。

オーブンから焼けたパイの天板を取り出し、溶かしバター(水を加えたバター)を表面にハケで塗ります。

いつも私は、溶かしバターと水を同量混ぜたものを塗ります。パイが少量の場合、ブラシで表面に塗りますが、たくさんの場合は、鍋に溶かしバターと水を用意し、その中へパイを入れてバターをつけ、すぐに取り出します。

バターをつけた後、オーブンシートとキッチンタオルでくるみ、柔らかくします。

もちろん、バターを塗ってすぐのものをひとつ(ふたつ?)味見してみてくださいね。

伝統的なフィンランド式では、カレリアパイにはいつも卵バターのスプレッドを添えます。レシピはこちらです。

フィンランドの卵バタースプレッドのレシピ

  • 堅めのゆで卵 2 個
  • 室温で柔らかくしたバター 50グラム
  • (お好みで)塩 小さじ½

卵を8分以上しっかり茹で、殻をむきます。フォークで卵とバターをしっかり混ぜ、お好みで塩を加え出来上がり。

このリンク(https://youtu.be/V3l5myZF-uc)を開くと、この360°動画をスマホのYoutube アプリで見ることができます。 Youtubeの設定で、画質をHD1080sでお試しください。VRグラスを使うと、最高です!

カレリアパイはフィンランドの文化においても大切なものです。なので、私は「カレリアパイの世界」についてもっとお伝えすることに決めました。どうぞお楽しみに!

シェア

記事を読んでのご感想やご意見をお待ちしています。 [email protected]宛にメールいただくか、ここからメッセージをお送りください。

You Might Also Enjoy