サウナの楽しみ

「サウナ」という言葉がフィンランド語だということを知っている人も多いのではないでしょうか。「サウナー」という言葉が流行り、サウナ人気は日本でもすっかりと定着したように感じます。

日本でフィンランド・サウナの話をすると、「サウナが苦手」と言われることが結構あります。日本のサウナも最近はかなり変わってきていますが、特有の閉塞感、知らない人と密室で座っていないといけない空間、湿度と温度が高すぎて逃げ場がない感じ、無理やり熱風を浴びさせるサービス・・・そんなことを苦手の理由に挙げられる方が多いです。

でも、フィンランドのサウナは別物です!サウナが苦手と思う方にこそ、ぜひ一度体験していただきたい。

フィンランドには、人口の半分くらい数のサウナがあると言われていて、家庭にはもちろん、ホテルやオフィスにもサウナがあるところも多いのです。フィンランド人にとってのサウナは、日本人が自宅でお風呂に入るのと同じくらいプライベートな時間と空間。誰にも邪魔されず、自分のペースで過ごし、心も体も解放できる場所なのです。

サイマー湖水地方でのサウナの魅力は、湖畔のサウナに入り、目の前のきれいな水の湖で泳ぐことができること。宿泊しているコテージやホテルのサウナは、ヘルシンキの公共サウナとは違って、プライベート利用が多いこと。そして、今や貴重な、フィンランド伝統のスモークサウナにも入れる場所があること。

誰の目も気にせず、自分のペースで「ロウリュ」を楽しんでください。

 

情報リンク

・visit Finland

フィンランド人と一緒に サウナに入ろう

初心者のためのサウナ講座- 10のヒント

・visit Saimaa

Smoke sauna, the original Finnish sauna(英語)

 

SaimaaLifeのストーリーから、サウナでの楽しみ。

 

フィンランド人マリが、サウナへ感じていることを素直な言葉で書いています。フィンランド人にとってサウナとは、ということを感じられる記事。

サウナへのラブレター

フィンランド人にとっても、スモークサウナの体験は格別です。(英語)

Smoke sauna experience

50度のサウナで座った姿勢で行うサウナヨガでは、気持ちの良いほどの大汗をかけます!(英語)

Mari ❤ Sauna Yoga

サウナ浴の注意点

 

1.サウナでは裸?水着?

フィンランド・サウナは裸入浴が基本です。公衆サウナは男女別になっていることが多く、男女混浴の場合は水着の着用が暗黙のルールです。裸入浴の開放感を味わうと格別なのですが、水着やバスタオルを使用したいという気持ちも分かってもらえますので、どちらでも大丈夫。フィンランド人も一緒に入る人と相談して決めることも多いようです。

 

2.サウナ浴を避けた方がいい人

特に循環器系の持病がある方、血圧の変動に不調がある方、妊娠中の方、開いた傷口のある方は、サウナ浴を止めた方が良いとされています。フィンランド人は、クールダウンのために冷たい湖や雪の中に飛び込みますが、無理して真似をせず、少しずつ体を慣らしましょう。

 

3.「ロウリュ」

「ロウリュ」とは、サウナストーンに柄杓で水をかけて蒸気を起こす行為や、その蒸気のことを指すフィンランド語です。日本のサウナ施設とは違い、フィンランドでは入浴している本人が、温度が下がったと感じたり、強い蒸気を浴びたくなったタイミングで「ロウリュ」します。サウナ内に他にも人がいたら、「ロウリュしてもいいですか?」と尋ねるのが暗黙のルールです。

もし、熱くなりすぎたら、サウナベンチの下段に移動するか、外に出てクールダウンします。熱さの好みは個人差がありますので、決して無理はやめましょう。

 

4.水分補給

発汗作用が強いサウナでは、こまめな水分補給が必須です。必ず十分な水分を用意しましょう。フィンランド人はサウナの間でビールやサイダーを飲みますが、血行が良くなって酔いやすい身体になっているので、フィンランド人の勧めに無理に乗らず、マイペースで。

 

5.その他

かけ湯もしくはシャワーを浴びてからサウナ室に入る、サウナシートにはタオルを敷いて座る、サウナ浴中のおしゃべりはボリュームに注意して……など、気をつけるべきことは、実は日本の公共浴場とほとんど同じだと感じるでしょう。それにフィンランドサウナは、もっとプライベートな空間なのですから、気楽にトライしてみてください。

 

サイマー湖水地方の魅力的なサウナ

湖畔のコテージ: コテージ各棟にはたいてい電気式のサウナがついていて、一日中のんびりマイペースで楽しめます。敷地内にスモークサウナを持っているコテージもあります。

ホテル プンカハリュ: モダンなデザインがステキなサウナ。サウナヨガのアクティビティも受けられます。

スパホテル クルーヌプイスト: 日本のテレビ番組で柴咲コウさんがご紹介していました。

スパリゾート ヤルヴィシュダン: スモークサウナをはじめとした数種のユニークなサウナが用意されています。本格的なオイルマッサージなどのトリートメントも受けられます。

 

ぜひフィンランド人と一緒に、本場のサウナ浴を楽しんでください!

シェア