木と過ごす時間

20.10.2017

9月のある日。

仕事の手を止めて、森に出かけたのは私にとって本当にいい考えでした。

皆さんもそこに一緒に行けたら良かったのにと思います。

足元に柔らかい地面を感じながら、秋の午後の心地よさを感じられたその場所に。

木にもたれて痛みを癒す、というお話を以前したと思います。

どんなに神経が休まるか、腰がリラックスして足の血管を血液がスムーズに流れるのを感じられるのがどんなに心地よいか。

手を木に当てて、しばらく一緒に腰掛けて、自然のベリーを摘んだりしながら。

朝起き上がるのが大変だった、とか、うつ病になった後どんな風に変わったのかなど話したり。

自分だけではないとわかっていても、気持ちが落ち込んでいる時はそれを忘れてしまうものです。

栄養士は、食生活から変えるようにと言います。

精神分析医は精神を診て、物理療法士は身体を診てからパソコンのスクリーンを見ながら薬を処方してくれます。

そのすべてに効き目はあるのだけれど、人生はもっと複雑で。

私なら、自然の中で時間を過ごせば過ごすほど、様々な事が落ち着いてくるとお伝えしたいです。

食べ物も心も身体も、すべてはつながりから始まるのだから。

そうすると、物事はより楽になります。「楽に」ではなく、「今までよりは楽に」。

だから、皆さんにも森に出かけて欲しいのです。

自然の穏やかさを、感じたり味わったり聞いたり吸い込んだりするために。

木に会いに。

そしてその中に込められる生命の知恵を得るために。

一緒にリンゴンベリー摘みに出かけて、ここSaimaaの森での午後についてもっとお話させてください。

こちらを開くと、この360°動画をスマホのYoutubeアプリで見る事ができます。Youtubeの設定で、画質をHD1080sでお試しください。VRグラスを使うと、最高です!

I also warmly recommend this short article Immerse Yourself in a Forest for Better Health” if you’re interested in reading more how forest bathing trips can significantly decrease the scores for anxiety, depression, anger, confusion and fatigue.

シェア

記事を読んでのご感想やご意見をお待ちしています。 [email protected]宛にメールいただくか、ここからメッセージをお送りください。

You Might Also Enjoy